知っておきたい保険の加入時期と選び方

知っておきたい保険の加入時期と選び方
知っておきたい保険の加入時期と選び方

動物保険の選び方、医療費の支払いが多いか少ないかが悩むところ

保険といえば自分自身や家族にかける保険をイメージすると思いますが、動物にも保険があるのをご存知ですか。我が家には2匹の猫を飼っています。
子供の頃にも猫は飼っていましたが、いずれも逃げてしまったりしてまともに育てたことがありませんでした。
今いる猫たちも飼う都合ではなかったけれど、保護猫活動しておられる方の話を聞いてただ少しでも助けになればと思い我が家に迎え入れたのです。

迎え入れるに当たり、去勢手術や予防接種等もしてあげないといけなかったので、猫も病気になるんだよねと改めて感じ、動物も人間のように保険に入れるのか調べることにしました。

インターネットで情報を検索すると、結構あるんですね動物保険って。かかった医療費の5割、7割、9割と払い戻ししてもらえるものや、10割まるまる払い戻ししてもらえるものまで。但し、やっぱり金額が高いです。

人によっては安いと思われるかもしれませんが、月だいたい一匹2千円から4千円くらいかかってしまいます。
2匹いるから2倍、それは我が家の家計に負担がきてしまうのでどうしようかと迷っていたところ、保護猫をくださった方が滅多に病気にならないからって言われたので、なら入院した時の為の保険に入ろうということになりました。
これなら一匹月7百円ですむので助かります。
年齢が上がれば金額も上がっていきますが、大丈夫だろうと思いました。
これで安心かなと思っていましたが、その後2匹の猫が風邪を引いたり、下痢になったりして動物病院に毎月のようにお世話になり、医療費が飛んでいきます。
猫も結構病気になりますね、これを思うと通院も視野に入れた保険を選べばよかったもと思いました。
選び方も沢山あるので大変です。

注目情報