知っておきたい保険の加入時期と選び方

知っておきたい保険の加入時期と選び方
知っておきたい保険の加入時期と選び方

保険サービスの差別化と選び方

損害保険においては、1998年に各社一律の保険料適用が廃止されて以来、保険の差別化が進んでいます。
それまでは、保険とは公平なもので、どこの保険会社と契約しても保険料とサービスは同一というのが決まり文句でした。
ユーザーとして保険会社の選び方の基準は営業担当者の人となりしかなかったように思います。
それが保険の自由化により様変わりしたのです。

自動車保険を例にとれば、各社がどのように差別化を図っているのかが分かってきます。
その差別化の中から自分のライフサイクルに合ったサービスを選択することによって、より満足できる安心を得ることができるでしょう。

保険サービスの差別化は代理店型からダイレクト型へ保険を扱う店舗形態が代わるところから始まっています。
一昔前は、すべて代理店型でした。
長年付き合ってきた馴染みの営業担当者がいて、家族のように親身になって様々なリスクを担保する保険商品を案内してくれます。
この形態は、1998年以前の保険料一律時代に合った店舗形態と言えます。
今は保険料が自由に設定できる時代です。

各社に一括見積もりをさせて自分に合うサービスと保険料を選択できるのです。

店舗形態は、インターネットの発展によって、このようなダイレクト型に急速に移行しています。
自動車保険の価値は、事故を起こしたときに決まります。
事故現場第一主義という事故が起ったときに素早く現場に事故担当者が駆け付け事故の対応に当たることを差別化の第一に掲げているところがあります。
とにかく事故のときに現場に来て欲しいというユーザーには打って付けのサービスです。

店舗形態がダイレクト型に移行したことから、日本にもインターネットを介して世界のブランドが保険に参入しています。
世界ブランドが安心を醸成することも無きにしも非ずでしょう。ブランド志向のユーザーには欠かせません。保険サービスの何を重視するかを差別化に取り込んでいるところもあります。
何よりも保険料を安くしたいのか、補償内容を充実したいのか、というように質問形式で保険サービスの内容を決めて行くパターンです。

ユーザーの要望に応えることで保険を作っていくのです。

通常損害保険は事故リスクが上がれば保険料も上がります。
その逆もまた真です。

保険の公平の原則です。

走行距離に応じて保険料に反映される、仕事に使うかそうでないかで保険料に反映させる、免許証の色で保険料に反映させる等々です。

これを敢えて崩して、双方とも保険料を同一にすることを差別化としているところもあります。

自動車保険を例にとっても様々な差別化があり、自分のライフサイクルにあった選び方ができる利点があります。

注目情報